青春のフォークソング (まめ1ライブ)

あなたが主役です!
若い頃に歌った曲は心の奥深いところに刻み込まれていて、歌うことで楽しい思い出といっしょに若さも取り戻せる気がします。きっとそうです!さあみんなで歌いましょう!
伴奏は、市内のフォークバンド“Goo連帯”(ぐーれんたい)さんです。お寺やお宮、田んぼなどでライブを企画し「ケイちゃんの歌」など地域にこだわった曲を発表、地域を元気にする活動を行っているユニークなバンドです。


日  程: 平成29年3月4日(土)
時  間: 【開場】18:30 【開演】19:00
入場料: 無料
会  場: マルチスタジオ


フォーク ポスターブルー

フォーク ポスターグリン

フォーク ポスターオレンジ
スポンサーサイト

今、ふるさとに何を!

今回で53回目となる「ふるさと講座」は、地域の文化についての関心を高め「ふるさと」を再認識するために、下呂ふるさと文化財団が開催しています。ことしのテーマは 「今、ふるさとに何を! ~豊かな郷土づくりを進める中で~」 です。
今回の講師は、当財団の代表理事、河原良昭が担当します!
下呂市竹原地区では住民独自の活動として「竹原農地・水・環境保全会」を設立し、農業用排水路などの維持管理、鳥獣被害に対して捕獲組織の結成、ふれあい農園の開設、「かわら版」の発行、「農村ウォーキング」の実施、「竹原見どころMAP」の発行、農村歌舞伎の継承、伝統行事・祭礼等の継承等々、農林漁業にとどまらず生活・環境整備へ大きく寄与してきました。これが認められ平成27年に竹原農地・水・環境保全会が、豊かなむらづくり全国表彰(東海ブロック最優秀事例)≪農林水産大臣賞≫を受賞しました。
住民主体の「地域づくり」が提唱される昨今、「こんなにすごい地域がある。」ということで全国から視察も来られているとのこと。ぜひ、ご来場ください。
 
 主  催 :一般財団法人下呂ふるさと文化財団
 日  時 :平成28年2月27日(土)13:30会場 14:00開講
 会  場 : 下呂交流会館 マルチスタジオ
 参加料 : 無料


ポスター竹原S

シナジーナイト 茶木みやこLIVE

みなさん、こんにちは
暖冬といわれながらも、やっぱり冬は寒いですね~風邪などひいて体調を崩していませんか?年末、年の瀬、師走・・・色々な呼び方をされますが、一年の締めくくりですから、どうぞご自愛くださいね。


さて、12月18日(金)にシンガーソングライターの茶木みやこさんをシナジーナイトにお招きしました。茶木さんは京都出身で、元ピンク・ピクルスでデビュー。ソロ活動に転向されてからも、精力的に全国でライブ活動をされています!
今回もたくさんのお客様にご来場いただきました。下呂市の方以外にも岐阜市からもお越しくださいました。ありがとうございます!
DSC_0003_2015122115121334d.jpg

(個人情報保護のため、画像の一部を加工しています。)


それでは、LIVEの様子をご覧ください!
DSC_0029.jpg

DSC_0109_20151221151209681.jpg

DSC_0172.jpg

ご自身の曲のほか、クリスマスが近いこともあり、クリスマスソングや懐かしいフォークソングも演奏してくださいました。また、京都ご出身だけあって、絶妙なトーク!歌でもトークでもお客様を魅了しました。
最後は下呂交流会館ボランティアであるアクティブ・サポーターズのたくみ隊のみなさんとパチリ

DSC_0181_20151221151211ca0.jpg

デビューから常に第一線を走り続ける茶木さんは、プロ中のプロ。しかし物腰はとても柔らかく、スタッフにも気遣いをしてくださる素晴らしい方でした。

茶木みやこさん、本当にありがとうございました!
今後の益々の素晴らしいご活躍を、心からお祈りいたします!

福祉ふれあいフェスタ with ハートビート下呂2015

社会福祉協議会の「福祉ふれあいフェスタ」と市民協働プロジェクト「ハートビート下呂2015」は、今年共同開催します!
2011年夏、私たちは「東日本の復興のために、この離れた下呂の地からなにかできないだろうか?」そんな気持ちでひとつのイベントを立ち上げました。 それが」「ハートビート下呂」です。 今年は5回目となりますが、市民が文化活動の発表や各種フリーマーケットに楽しく参加し交流する中で下呂市をもりあげたい!そして東北を支援したい!という気持ちは変わっていません。
さらに今年は社会福祉協議会の 「福祉ふれあいフェスタ」と共同開催します。こちらは、福祉を身近に感じてもらうことで、つながりや支え合いの大切さを改めて知っていただき、“だれもが安心して暮らし続けられるまち”にしたい!・・・という想いで開催されるものです。
楽しさもおいしさも満載のこのイベント みなさまのご来場をお待ちしております!


フェスチラシ最終決定項オモテsmall

フェスチラシ最終決定項ウラsmall

小川典子&フィリップ・スミス ピアノ・デュオリサイタル&学校訪問コンサート

皆さんこんにちは
ジメジメとした日が続きますね・・・。憂鬱な気分にもなりがちですが、これを乗り越えれば夏到来!お祭りに夜店、キャンプにBBQ、それに花火も!待ち遠しいですね~♪

さて、6月25日から27日にかけて世界的なピアニスト、小川典子さんとフィリップ・スミスさんによるピアノ連弾コンサートと市内の小中学校3校での学校訪問コンサートを開催しました。
学校訪問コンサートは「アウトリーチ」と呼ばれます。アウトリーチは“(外に向かって)手を伸ばす”という意味を持っていて、会館で演奏を聴くことのできない遠方の地域の方や、子ども、お年寄りの方たちのために、その方々の地域、学校、高齢者施設へ伺って音楽や演劇などをお届けし、楽しんでいただくものです。


今回は竹原中学校、下呂小学校、菅田小学校の3校を訪問して、C.サン=サーンスが作った組曲「動物の謝肉祭」を演奏しました。
ピアノの周りに集まってもらい、演奏者の手の動きや表情を間近で体感してもらうほか、ピアノの下に潜って音の大きさなどを感じたりと、普段では聴くことのできないスタイルでのコンサートとなりました。最後は各校の校歌をフィリップさんの伴奏で小川さんと一緒に歌うなど、音楽での交流もありました。
こちらは学校訪問コンサートの写真です♪

(プライバシー保護のため、写真に加工をしております。)
下呂小ブログ用

下呂小ブログ用②

下呂小ブログ用③

菅田小 ブログ用

竹中ブログ用
また、リサイタルはピアノ連弾特有の音の重厚さや華やかさ、手同士が交差するなどのテクニックの難しさを存分に楽しめるリサイタルとなりました。特にストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」はオーケストラの音が聴こえてくるような素晴らしい演奏で、会場からは「ブラボー!」の声がかけられました。
こちらはリサイタルの様子です♪

ブログ用

ブログ用②

お二方はとても気さくな優しい方で、開催中色々なお話を伺いました。イギリスのこと、世界から見た日本のこと・・・。世界を体感している方だからこそのお話でした。
また、演奏に入ったときの真剣な表情、妥協を許さない姿勢、ONとOFFの切り替えにさすがはプロフェッショナルと思わざるを得ませんでした。


小川典子さん、フィリップ・スミスさん。素晴らしい演奏をありがとうございました。
また、学校訪問コンサートお疲れ様でした。
今後のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます!

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

Author:Active Staff
アクティブのスタッフの活動日記です。
視察の様子や、イベントに参加した時の様子、その時に感じたことなどを記録していきます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード