十五夜お月さま

みなさん、こんにちは
9月になり、日に日に秋の気配が濃くなってきましたね。
下呂市内の小中学校では運動会が開催され、
田んぼには収穫間近の稲穂が実り、
夜には鈴虫が涼しげな音色を響かせています。


ああ…食欲の秋…。
サツマイモに銀杏、
栗ご飯におろしポン酢をかけた秋刀魚もいいよな~。
秋はおいしいものがいっぱいで
ダイエッターには厳しい季節です…




さてさて、今回はそんな秋の収穫に感謝をする行事
『十五夜』について、お話をしたいと思います。

Photo Effects-1315825025117

十五夜のお月さまを眺める風習は、
平安時代の貴族の間から広まったそう。
当時の人々は、池に船を出して
水面に映る月を眺めながら
短歌や俳句を詠み合うことを楽しんでいたんだとか。


やがてその遊びがだんだんと形を変え、
いつの間にか秋の収穫に感謝をする行事へとなりました。


満月の形や取れたての芋に見立てたお月見団子と
黄金色に輝く稲穂に見立てたススキを
お供えすれば準備はバッチリ!
さらに秋の七草(萩、桔梗、葛、撫子、尾花、女郎花、藤袴)が
あれば、よりいっそう雰囲気が出ることでしょう。



今年の十五夜は9月19日(木)
秋の夜長を楽しんでみては?
                 
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

Active Staff

Author:Active Staff
アクティブのスタッフの活動日記です。
視察の様子や、イベントに参加した時の様子、その時に感じたことなどを記録していきます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード