『ハートビート下呂2012~心はひとつ~』を開催しました!

アクティブのスタッフ日記をご覧の皆さま、こんにちは。
すっきりしない天気が続いた今年の梅雨も明け、空には入道雲が沸き立ち夏本番といった今日この頃、いかがお過ごしですか。
せっかくなので夏らしいお話を!
といきたいところですが、今日は梅雨真っ盛りの7月1日(日)に開催した『ハートビート下呂2012~心はひとつ~』をご紹介します。

このイベントは、「東日本大震災の被災者を支援したい」という多くの市民や、市内で活動するアーティストの想いを結集し、昨年誕生したプロジェクト。市民による会館の支援組織・アクティブサポーターズと、下呂交流会館が協働して企画・運営するチャリティーイベントです。

当日は梅雨らしく…あいにくの天気となり、外は雨粒が地面を叩く音が響いていました。
そんな雨音もかき消すように威勢よく声をあげているのは、会館入口前に並んだ屋台の店主の方々です。
五平もちや朴葉寿司といった郷土料理から、焼きそばやクレープなど定番の出店が軒を連ね、幸せに満ちた香りで来場者を迎えていました。
一方、会場内にも開場と同時に非常に多くの来場者がつめ掛け、子どもたちの元気な声が響き渡るなど、活気に満ちた空間が広がっていました。

1.jpg2.jpg

では、ここからは日記をご覧の皆さまにも、来場者になっていただいたつもり…で
『ハートビート下呂2012~心はひとつ~』の会場をご案内いたしましょう!

会場に入ってすぐのところでは、今回のイベント開催に合わせて製作したチャリティーグッズ(オリジナルリストバンド)を販売中です。製作費を除く全額が復興支援に役立つことから、多くの方がご購入しています。
SサイズとLサイズは早々に完売するなど、いまなお下呂市民の皆さまが復興支援に対し、熱い思いを持ち続けていることがうかがえます。
(残り僅かとなりましたが、下呂交流会館にてMサイズのみ販売中です)

リストバンド写真3.jpg

では初めに正面の階段を上った棚田テラスに行ってみます。
こちらでは、下呂市民による「フリーマーケット」が行われています。
プロ・アマ問わず、東北の物産品から食べ物に雑貨、さらに実演販売など、多彩なジャンルの店舗が20店ほど並んでいます。

6.jpg7-2.jpg

また、東北の漁師さんが使うサンドバッグにメッセージを書いて送る心の支援を届けるブースもあり、多くの方が足を止めて参加しています。

5.jpg

次は棚田テラスから2階ホワイエを抜け、その先の階段を下りた1階ホワイエに向かいます。
ここでは「心はひとつ写真展」と題して、市民の方々が“心はひとつ”をテーマに撮影した写真が展示されています。
部活動の一コマやご家族揃ってのお正月、生まれたばかりの赤ちゃんのかわいい手など、バラエティーに富んだ写真が、鑑賞者の笑顔を誘います。
さらに、ゲスト参加のむらなが吟さんによる東北復興支援プロジェクト「名古屋~釜石 徒歩1,000km歌い旅」の軌跡をたどる写真展も同時開催。
東北の現状を知ると共に、現地の方々の力強い笑顔に、来場者の方も勇気づけられている様子です。
また、6月16日(土)に泉ホールで公演を行った和太鼓集団「鼓童」の皆さんも、震災復興支援を目的に“ハートビート・プロジェクト”という活動を行っていることから、写真展にご参加いただきました。
※6月16日(土)の「鼓童」公演についてはこちら
http://geroactive.blog66.fc2.com/blog-entry-157.html

8.jpg9.jpg

つづいて1階ホワイエを出てすぐのマルチスタジオをのぞいてみましょう。
ここでは、むらなが吟さんの情熱的なライブや、地元で活動するバンドやアーティストによるエネルギッシュな音楽が楽しめます。
高校生たちによる希望に満ちたナンバーや、プロ顔負けといったクオリティーの高い演奏など、心を揺さぶるパフォーマンスの連続に、観客の皆さまも熱い拍手で応えます。

10.jpg12.jpg11.jpg

さて、最後はメイン会場ともいえる泉ホールのイベントを満喫しましょう!
こちらは、市民の皆さまのご出演によるステージです。
楽器のアンサンブルやコーラス、ダンスに太鼓など、世代を超えて楽しめる内容が目白押しです。
子どもたちによる澄んだ歌声や三味線の凛とした響きに、ホール内が穏やかな空気に包まれます。

13.jpg14.jpg
15.jpg16.jpg

また、力強い太鼓演奏には、多くのお客様が圧倒された様子です。

17.jpg18.jpg

ホールイベントを締めくくるのは、ゲスト・むらなが吟さんのスペシャルライブです!
復興に向かう今だからこそ、歌いたい歌がある、届けたい歌がある、と名古屋から東北まで1,000kmを歩き抜いたむらなが吟さん。
豪快でパワフルなエネルギーを放ち、ハートフルで哀愁に満ちた歌声に、お客様もうっとりと聞き惚れます。
きっと、多くの方の心に復興を願う強いメッセージが届いたのではないでしょうか。

19.jpg21.jpg

その後、すべての出演者がステージに上がり、むらなが吟さんの演奏で『上を向いて歩こう』を大合唱!!
お客様も一体となり、大盛況のうちに幕を閉じることが出来ました。

20.jpg

ご来場の皆さま、ご出演の皆さま、そしてこの日記をご覧いただいている皆さま、ありがとうございました!

※『鼓童』ハートビート・プロジェクトについて

■Heartbeat Project
http://www.kodo.or.jp/heartbeatproject/index_ja.html

2011年3月11日の東日本大震災を目の当たりにし、私たちは大自然の持つ力にただただ圧倒されるばかりでした。
また、そこから改めて見えてきた現代社会を支えるシステムについての問題は、私たちが真摯に向き合わねばならない課題を提示しています。
結成30周年を迎えた私たちは、人間が生きる力と、その象徴としての脈打つ鼓動を常に思ってきました。自然と共存し、わき上がる祈り。
そしてそこから生まれる芸能が持つ力を信じて立ち上がり、前を向き、改めて歩み始めます。
思いを舞台や音楽に込めて届けること、困難な生活を続ける方々を支援していくこと、継続的にメッセージを発信して、
国内や世界に対して関心を喚起し続けることを軸に、私たちはハートビート・プロジェクトという活動を始めました。
皆様と共に、祈りを込めて。
鼓童

◇2011年4月16日、石塚充作曲の新曲「また明日」をYouTubeにて公開しました。
http://www.kodo.or.jp/heartbeatproject/20120311hikarisasushima_ja.html
◇2012年3月11日、吉井盛悟作曲の新曲「光さす島」をYouTubeにて公開しました。
http://www.kodo.or.jp/heartbeatproject/20110416tomorrow_ja.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

Active Staff

Author:Active Staff
アクティブのスタッフの活動日記です。
視察の様子や、イベントに参加した時の様子、その時に感じたことなどを記録していきます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード