スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステージ・ラボ 2

7月8日
ゼミ2 「魅力あるホールのお話 ?自慢話を聞いてみよう」
講師1:鮫沢祐二 (財)黒部市国際文化センター 事務局長 (コラーレ)
コラーレ


コラーレは館長も芸術監督もおかない(独断をさせないため)という方針だそうです。 市民と事務局が両輪となって運営されます。コラーレ倶楽部会員数870人ほど、ここから15名を推薦し運営委員会を組織。自主事業の企画立案、ホール運営に関する助言・提案・情報交換を行う。任期2年、毎月第2火曜日に委員会を開くそうです。

講師2:澤田 誠 (財)入善町文化振興財団 入善コスモホール主任
「地方(人口2万7千人)の小さなホールで自主事業を企画する現場から」
コスモホール


アウトリーチ 同じアーティストとともに8年間の交流企画。6つの小学校へカルテット・エクセルシオが出前演奏。 はじめは演奏を聴かせるだけのものだったが、→ミュージシャンが独自のやり方に変えていった。これらの結果、アーティストも認知され地域からも要望されるようになった。この弦楽四重奏がNPOを取得したそうです。

講師3:橋本正俊 スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド実行委員長

福野文化創造センター(ヘリオス)教育委員会直営
ヘリオス


今年19回目の「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」はワールドミュージック(ポップス・ジャズなど以外の音楽)のフェスティバル。これを市民手作りで開催している。これは「異文化交流」をテーマに、アジア、アフリカ、ラテンアメリカを中心とした国々の音楽、ワールドミュージックを紹介し、世界各地の文化との出会いと交流の場をつくろうというものである。海外からのミュージシャンに町に滞在してもらい、コンサートやワークショップを通じ、音楽だけではなく、食べ物や彼らの文化的な背景も紹介しながら、演奏者と一般参加者、実行委員が交流を深めている。 サントリー地域文化賞、国際交流基金の地球市民賞を受賞。とやま未来遺産に選定される、などのアワードを受賞。ボランティアによってビッグイベントに成長し続けています。

ゼミ3 「舞台ワークショップ 1」「スキヤキ・スチール・オーケストラ」のコンサートを舞台スタッフとして運営体験してみよう。

講師1:高野 仁 富山県民会館 ホール担当主任   「舞台っておもしろい」
講師2:堀井隆幸 新川文化ホール ホール担当主任  「照明っておもしろい」
講師3:高木智裕 富山県教育文化会館ホール担当主任 「音響っておもしろい」

Image160.jpg


ゼミ4 「舞台ワークショップ 2」
「スキヤキ・スチール・オーケストラ」のコンサートを仕込もう。 
舞台、照明、音響に分かれて作業。 私は音響の班に入りケーブル・マイク・マイクスタンドの設置などを行いました。
Image161.jpg Image162.jpg
Image163.jpg Image164.jpg Image159.jpg


○共通プログラム
「入門コース」「自主事業コース」「アートミュージアム」の3コース共通で行うプログラムです。
「スチールドラム」「九乗編鐘」「越中おわら節」の3つに分かれ1時間半の練習の後ステージで発表します。私は「越中おわら節」のグループに入り踊りの練習と発表をしました。
その後「スキヤキ・スチール・オーケストラ」のコンサートが開始され、我々の舞台、照明、音響の各班がそれぞれの仕事を分担しコンサートを作り上げました。
Image167.jpg


ゼミ4?2 「舞台ワークショップ 3」
安全を考える撤収・搬出作業 コンサート終了後の撤収作業。?22:00

○番外ゼミ 舞台スタッフとコミュニケーション          ?25:00

今日も2時過ぎに就寝!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

Active Staff

Author:Active Staff
アクティブのスタッフの活動日記です。
視察の様子や、イベントに参加した時の様子、その時に感じたことなどを記録していきます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。