歴史探訪ⅩⅢ 

10月30日(日)
「下呂歴史探訪ⅩⅢ 美しい村づくりをめざす、馬瀬をめぐる」を開催しました。これは地域文化について関心や理解を深め、ふるさとを再認識することを目的に行っています。
惣島八幡神社や口留番所跡、山の神、七人塚、名丸二村家などの歴史的スポットやアジメ穴という伝統的な漁の方法など12か所を見学しました。

惣島八幡神社_00007
惣島八幡神社
アジメ穴_00001
アジメ穴
アジメを獲るために馬瀬で行われてきた、伝統漁法なんです。これは個人的にもたいへん興味深かったです。

山の神_00006

山の神
「山の神は女性なので、今日のようにきれいな人たちが来ると機嫌を損ねて、荒れるかも、、、」とのお話しでした、、、

七人塚_00002

七人塚
口留番所跡_00005
口留番所跡
二村家_00004
名丸道場(二村家)
室町時代に開かれた、仏教を伝道するための道場とのこと、太く丸い柱、巨大な梁にみなさん驚いていました。二村さんのご厚意に感謝いたします。

お昼は、日本一に輝いたことがある、馬瀬川のアユの鮎ご飯と老田さんのご厚意によるアジメの唐揚げ付きです。馬瀬ならではのおいしいお昼ごはんをありがたくいただきました。

今回は馬瀬在住で歴史研究家の中川銹一先生と元漁協の組合長で超地元から老田達男さんに資料の執筆と案内をいただきました。お二人の郷土に対する愛情あふれる解説に参加者のみなさんは熱心に聞き入っていました。本当にありがとうございました!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

Active Staff

Author:Active Staff
アクティブのスタッフの活動日記です。
視察の様子や、イベントに参加した時の様子、その時に感じたことなどを記録していきます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード